メール配信システム比較12選|選定ポイント・ニーズ別のおすすめサービスを紹介【2024年6月最新版】

メール配信システム比較12選!選定ポイント・ニーズ別のおすすめサービスを紹介!

メール配信システムとは、大量のメルマガなどを遅延なく確実にユーザーに届けるためのツールのこと。しかし、多様化するニーズに応える形で、近年のメール配信システムは多機能化・多様化が進んでいます。

メール配信システムの導入・リプレイスを検討している企業・店舗の方であれば、以下のような悩みを抱えていることでしょう。

・おすすめのメール配信システムを比較しながら検討したい
・メール配信システムを比較するポイントは?
・メール配信システムが多すぎて絞り込みが難しい

そこで本記事では、メール配信システムを比較・選定する際のポイントを解説するとともに、おすすめのメール配信システムをニーズ別に分類して比較紹介!メール配信システム導入を検討する際の参考になるよう比較表も用意しました。

※自社に合うメール配信システムの選び方がわからない、選ぶ時間がない、おすすめのツールを選んでほしい方はシステム幹事にお問い合わせください。予算や目的などをヒアリングした上で、御社に最適なメール配信システムを選定します。相談料・紹介料はいっさいかかりません。

【無料】おすすめのメール配信システムを選んでもらう

目次
  1. 1. メール配信システムの比較・選定ポイント
    1. 1-1. 導入タイプがSaas型かパッケージ型か
    2. 1-2. 初期費用・ランニングコストがどのくらいか
    3. 1-3. メール配信システムの機能はどうなっているか
  2. 2. ニーズごとにおすすめのメール配信システム12選比較
    1. 2-1. メルマガの到達率を高めたい企業におすすめの3選
    2. 2-2. メールマーケティングの効果を高めたい企業におすすめの3選
    3. 2-3. 効果的なHTMLメルマガを作成・配信したい企業におすすめの3選
    4. 2-4. 外部システムとさせたい企業におすすめの3選
  3. 3. メール配信システム比較まとめ

メール配信システムの比較・選定ポイント

メール配信システムの比較・選定ポイント

多数のメール配信システムが存在するなか、それぞれのサービスをどのように比較・選定していけばいいのか。
ポイントとなるのは「導入タイプ」「費用」「ニーズ・目的」3つのバランスを取ることです。

※おすすめのメール配信システムを早く見たい方は下記をクリック! ニーズごとにおすすめのメール配信システム12選比較』に移動

導入タイプがSaas型かパッケージ型か

メール配信システムには大きく「SaaS型」「パッケージ型」という2つの導入タイプがあり、自社の運用方針・体制に応じて適切なタイプを選ぶことになります。

SaaS型

サービスベンダーがクラウド環境に構築したアプリケーションを

インターネット経由で利用するタイプ

パッケージ型

自社内のサーバ、あるいはPCにアプリケーションを

インストールして利用するタイプ

現在ではSaaS型メール配信システムが主流ですが、会社のセキュリティポリシーの関係でSaaSを利用できない会社もあるでしょう。その場合は自動的にパッケージ型から選択することになります。

ただし、サービスベンダーが運用・保守を担当するSaaS型は、ある意味ではパッケージ型よりもセキュリティ面で信頼できる場合も。パッケージ型をダウンロードして利用する場合、利用者自身が利用するPC周りのセキュリティ対策を十分にしていなければ、サービスベンダーがセキュリティ面も十分に運用・保守しているSaaS型商品の方が安心といえるからです。
単純に導入タイプだけでメール配信システムを選定するのではなく、総合的に比較したうえで判断することがおすすめです。

初期費用・ランニングコストがどのくらいか

メール配信システムを比較・選定する際に気になる費用・コストですが、初期費用・ランニングコストを含めたトータルで比較することが重要です。なぜなら、メール配信システムの費用は、登録アドレス数・メールの月間配信数などを基本としながらも、定額料金、従量料金、あるいはその組み合わせなど、料金体系やプランが複雑になりがちだからです。

例えば、従業員数が数名と少ない場合は、従量課金制のシステムの方が定額料金よりもコストパフォーマンスが高いことがあります。

自社の登録ユーザー数、月間配信数などを明確にしたうえで、それぞれのサービスの費用・料金を比較することが重要。パッケージ型の場合は、初期費用以外のコスト、サーバの維持・運用・保守にかかる費用も考慮する必要があります。

メール配信システムの費用・料金についてより詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてください。
※関連記事メール配信システムの費用・料金目安は?料金の仕組み・目的別おすすめサービスも紹介!

メール配信システムの機能はどうなっているか

もっとも重要な比較・選定ポイントは、自社の目的・ニーズを過不足なく満たせるメール配信システムなのか、サービスそれぞれの機能を比較することです。

そのためには、大量のメルマガを一斉配信したいのか?見込み顧客の発掘や育成などのメールマーケティングを強化したいのか?自社がメール配信システムを導入する目的を明確にし、それを実現するためにどのような機能が必要なのかを把握しておかなければなりません。

例えば、メールマーケティングを強化したいなら、後述する「AutoBiz」がおすすめです。

【無料】おすすめのメール配信システムを選んでもらう

ニーズごとにおすすめのメール配信システム12選比較

記事冒頭でも触れたように、メール配信に求められるニーズの多様化にともなって、メール配信システムの高機能化も進んでいます。市場に存在する多くのメール配信システムは、多様なニーズに対応できる多彩な機能を搭載しているとはいえますが、特定のニーズ・目的を満たすには充分ではない場合もあります

つまり、メール配信システムを比較する際は、数あるサービスのなかから自社の目的・ニーズに強みを持つサービスに絞り込み、そのうえで機能を比較することがおすすめ。

サービス名

料金

メール配信数

主な機能

VPS-NEO

初期費用:10,000円~


月額費用:6,300円~

無制限

HTML作成、ターゲット配信、

ステップメール、効果測定ツール、

フォーム作成、API連携など

ORANGE MAIL

初期費用:12,800円~


月額費用:2,480円~

無制限

ターゲット配信、ステップメール、

効果測定ツール、フォーム作成、

SPF設定など

blastmail

初期費用:11,000円~


月額費用:3,300円~

無制限

HTML / デコメール作成、ターゲット配信、

空メール登録、効果測定ツール、

スパム対策、API連携など

AutoBiz

初期費用:11,000円~


月額費用:1,980円~

ステップメール:1.4万通 / 月、

メルマガ:1万通 / 月(ライト)、

2万通 / 月(スタンダード)

ステップメール、セグメント配信、

効果測定、フォーム作成、

クレジットカード決済など

配配メール

初期費用:33,000円~


月額費用:22,000円~

無制限

セグメント配信、ステップメール、

HTMLエディタ、開封率・クリック率、

A/Bテスト、コンバージョン計測、

反応顧客のリスト化、

ホットリード抽出、API連携(オプション)など

Cuenote FC

初期費用:33,000円~


月額費用:5,500円~

無制限

セグメント配信、ステップメール、シナリオ配信、

多言語配信、HTMLエディタ、

開封率・クリック率、A/Bテスト、

シナリオ配信分析、分析ツール、

Webトラッキング、API連携(オプション)など

WiLL Mail

初期費用:無料


月額費用:4,400円〜

プランに応じて変動

一斉配信、HTMLエディタ、デコメ作成、

開封・クリックカウント・CVR・ヒートマップ、

API連携・ターゲット配信・

ステップメール(プレミアムのみ)など

Benchmark Email

初期費用:無料


月額費用:1.800円~

リストプランは無制限、

配信数プランは

配信数応じて費用が変動

HTMLエディタ、リスト、フォーム作成、

ステップメール、効果測定、

ランディングページ作成、

API / アプリ連携など

アララ メッセージ

初期・月額費用:

要問い合わせ

プランに応じて変動

HTMLエディタ、フォーム作成、

セグメント配信、ステップメール、

効果測定、API連携など

SendGrid

初期費用:無料


月額費用:1,900円~

プランに応じて変動

HTMLエディタ、セグメント配信、

効果測定、A / Bテスト、

SMTPリレー / API連携など

SPIRAL

初期費用:100,000円~


月額費用:50,000円~

無制限

HTMLエディタ、セグメント配信、

ステップメール、

フォーム作成、効果測定、会員管理、

SMS / LINE連携、API連携など

MAIL PUBLISHER

Smart Edition

初期・月額費用:

要問い合わせ

無制限

HTMLエディタ、予約配信、デコメ/絵文字対応、

A/Bテスト、URL別効果測定、クリック分析レポート、

傾向分析レポートなど

メルマガの到達率を高めたい企業におすすめの3選

メルマガがスパム判定されてユーザーに届かない、迷惑メールにさえ届かないといったトラブルを解消したい、到達率を高めたい企業向けのおすすめを紹介します。実際、到達率は大量のメールを一斉配信する際に起こりやすい問題でもあり、ほとんどのメール配信システムが対策を施していますが、サービスによってばらつきがあることも事実です。

ポイントとなるのは、ドメインの正当なメールサーバであることを証明する「SPFレコード」、ドメインの認証技術である「DKIM」、ブラックリスト登録を避ける「IPアドレス分散」などが採用されているかです。

VPS-NEO

VPS-NEO

画像引用:VPS-NEO

VPS-NEO」は、東京都府中市に本社を構えるクラウドベンダー、ピーアールジャパン株式会社が開発・提供するSaaS型メール配信システムです。
扱いやすさとユーザーの要望を実現する100以上の機能を兼ね備え、メールマーケティングツールとしても活用できます。なによりも、ユーザー専用の仮想専用サーバ(VPS)を利用した高いメール到達率を誇ることが特徴。学校・教育機関を含む、多種多様な業種・業態で活用されるメール配信システムです。

ユーザーごとのVPSを利用するとはいえSaaS型で提供するため、メンテナンスやアップデートを気にする必要がないこともポイント。ステップメールをはじめとした多彩なメール配信、YouTubeのプレビュー動画を組み込めるHTMLメール作成機能などが充実しており、自社顧客データベースと連携できるAPI機能も活用可能。さまざまなニーズにオールマイティに対応できます。

初期費用

エントリー(4,000名):10,000円、

シルバー(2万名):10,000円、

ゴールド(5万名):25,000円

(ユーザー数に応じたプラン)

月額費用(固定制)

エントリー(4,000名):6,300円、

シルバー(2万名):15,600円、

ゴールド(5万名):24,500円

(ユーザー数に応じたプラン)

メール配信数

無制限

主な機能

HTML作成、ターゲット配信、ステップメール、

効果測定ツール、フォーム作成、API連携など

ORANGE MAIL

ORANGE MAIL:SaaS

画像引用:ORANGE MAIL

ORANGE MAIL」は、東京都中央区に本社を構えるクラウドベンダー、株式会社オレンジスピリッツが開発・提供するSaaS型メール配信システムです。
初めての方でも導入からわずか10分で配信可能な簡単操作、不明点を簡単に解決できるユーザーサポートが好評を得ています。全国7万人のユーザーから利用される高到達率・高コスパを特徴とするメール配信システムです。

スポット・セグメント・ターゲット・ステップメールに対応するメール配信機能、空メール登録にも対応するフォーム機能、開封率・クリック率・A / Bテストに対応するマーケティング機能など、必要な機能がひと通り揃っているのも人気の秘密。
現時点ではHTMLメール配信、API連携には未対応ですが、将来的なアップデートで対応予定とするなど、常に進化を続けていることもポイントです。

初期費用

ビジネス版:12,800円、

エンタープライズ版:33,000円

月額費用(固定制)

ビジネス版プラン2000(〜2,000名):2,480円、

プラン5000(〜5,000名):3,980円、

プラン10000(〜10,000名):7,980円、

エンタープライズ版(10,000名〜):33,000円〜

メール配信数

無制限

主な機能

ターゲット配信、ステップメール、

効果測定ツール、フォーム作成、SPF設定など

blastmail

blastmail

画像引用:blastmail

blastmail」は、東京都渋谷区に本社を構えるクラウドベンダー、株式会社ラクスライトクラウドが開発・提供するSaaS型メール配信システムです。
20年にわたってメール配信サービスを提供してきた実績と歴史を持ち、同社のラインナップのなかでも簡単・シンプル・低価格を特徴とするサービス。11年連続で顧客導入数No.1を獲得している人気のメール配信システムです。

専門知識がなくてもHTMLメールを簡単作成できるエディタ、セグメント配信、効果測定ツールなど、メールマーケティングに必要な機能はすべて搭載していますが、特筆すべきはメールエンジン。毎時280万通の高速配信に対応するだけでなく、DKIM署名を含むスパム対策も万全です。APIを無償で公開しているため、自社システムと連携したい企業にもおすすめです。

初期費用

11,000円(1年契約の場合は半額)

月額費用(固定制)

3,300円(アドレス数3,000)、

6,600円(アドレス数10,000)など

メール配信数

無制限

主な機能

HTML / デコメール作成、ターゲット配信、

空メール登録、効果測定ツール、

スパム対策、API連携など

【無料】おすすめのメール配信システムを選んでもらう

メールマーケティングの効果を高めたい企業におすすめの3選

BtoB、BtoCを問わず、潜在的な見込み顧客を掘り起こし、興味関心を高めていくメールマーケティングを強化する機能が搭載されたシステムを3つご紹介します。

ポイントとなるのは、セグメント配信やステップメールなどの柔軟なメール配信機能、開封率・クリック率などの効果測定、A / Bテストなどの改善機能などが搭載されているかです。

AutoBiz

AutoBiz

画像引用:AutoBiz

AutoBiz」は、群馬県高崎市に本社を構えるクラウドベンダー、株式会社ビズクリエイトが開発・提供するSaaS型メール配信システムです。
ステップメール、フォーム作成などに重点を置いた多彩なメール配信機能を搭載し、「ご縁を育む」をコンセプトにビジネスを劇的に進化させるメールマーケティングを実現可能。月額1,980円から利用できるリーズナブルな価格も好評の秘密です。

ステップメール・フォーム作成に特化したスーパーライトプランのほか、セグメント配信に対応するメルマガ配信機能、効果測定が可能なライトプラン、月間メルマガ配信数を2万通に増強したスタンダードプランも用意。クレジットカード決済機能を追加できるフォーム作成機能をはじめ、メールマーケティングを効率的に実行できます。フォーム機能を強化した上位バージョン「PowerStepMail」も利用できます。

初期費用

11,000円

月額費用(固定制)

スーパーライト:1,980円、

ライト:3,520円、

スタンダード:5,990円

メール配信数

ステップメール:1.4万通 / 月、

メルマガ:1万通 / 月(ライト)、

2万通 / 月(スタンダード)

主な機能

ステップメール、セグメント配信、

効果測定、フォーム作成、

クレジットカード決済など

配配メール

配配メール

画像引用:配配メール

配配メール」は、東京都渋谷区に本社を構えるクラウドベンダー、株式会社ラクスが開発・提供するSaaS型メール配信システムです。
子会社の開発するblastmailの上位版に位置付けられており、基本機能はそのまま、効果測定やメールマーケティング機能が強化されていることが特徴。9,000社以上の企業から利用され、MAツールとメール配信システムの中間的な性格を持っています。

テンプレートを活用したメルマガ配信・効果測定が可能な「Light」、コンバージョン計測・ステップメール、A/Bテストを追加した「Standard」、HTMLエディタ・複数拠点で利用できる「Platinum」がラインナップされ、目的に応じて選択可能。最上位の「Bridge」なら、ホットリード抽出、シナリオメール、来訪通知など、ほぼMAツールといっていい機能も利用できます

初期費用

33,000円

(Standardの場合、プランに応じて変動)

月額費用(固定制)

22,000円(Standardの場合・アドレス数10,000〜、

登録数に応じて変動)

メール配信数

無制限

主な機能

セグメント配信、ステップメール、

HTMLエディタ、開封率・クリック率、

A/Bテスト、コンバージョン計測、

反応顧客のリスト化、ホットリード抽出、

API連携(オプション)など

Cuenote FC

Cuenote FC

画像引用:Cuenote FC

Cuenote FC」は、東京都渋谷区に本社を構え、メッセージソリューション事業を展開する企業、ユミルリンク株式会社が開発・提供するSaaS型メール配信システムです。
毎時1,000万通以上の配信を実現しながら、高いメール到達率も両立させたメールエンジンが好評。A/Bテストをはじめ、メールマーケティングを強力にアシストする多彩な効果測定ツールを搭載しているのが特徴です。

開封率・クリック率、Webトラッキング、顧客のセグメントに便利な分析ツールなど、充実した効果測定機能を持ち、シナリオ配信の効果測定も可能。各種メール配信機能を網羅するのはもちろん、ECサイトのカートリマインドや多言語にも対応できる多機能ぶりが魅力。アドレス数に応じた月額料金のSaaS版のほか、オンプレミスで利用できるパッケージ版も用意されています。

初期費用

33,000円〜

(登録アドレス数に応じて変動)

月額費用(固定制)

5,500円〜

(登録アドレス数2,000の場合、登録数に応じて変動)

メール配信数

無制限

主な機能

セグメント配信、ステップメール、シナリオ配信、

多言語配信、HTMLエディタ、開封率・クリック率、

A/Bテスト、シナリオ配信分析、分析ツール、

Webトラッキング、API連携(オプション)など

【無料】おすすめのメール配信システムを選んでもらう

効果的なHTMLメルマガを作成・配信したい企業におすすめの3選

メール配信システムに求められるニーズとしては「ユーザーの目を惹くリッチなHTMLメルマガを作成・配信したい」も挙げられます。膨大な量のメルマガが配信される現代では、テキストメールだけでユーザーの興味を惹くのは至難の技。しかし、誰もがHTMLメルマガを作成できるわけではありません。

使いやすいグラフィックエディターが搭載されているシステム、簡単にHTMLメルマガを作成できるテンプレートが充実しているシステムなど、下記で紹介します。

WiLL Mail

WiLL Mail

画像引用:WiLL Mail

WiLL Mail」は、東京都品川区に本社を構えるクラウドベンダー、株式会社サパナが開発・提供するSaaS型メール配信システムです。
同社がEC事業を展開するなかで、既存メール配信システムの使いにくさをユーザーの立場で痛感し、ユーザーの意思を反映できるアプリケーションを作りたいというビジョンで開発。それは、HTMLメールを簡単に作れるエディタ、充実の効果測定機能に反映されています。

50種類以上のテンプレートが用意されるHTMLメールエディタは、ドラッグ&ドロップを基本にするため、専門知識がなくてもアイキャッチの優れたレスポンシブHTMLメールを作成可能。絵文字を使ったデコメ作成にも対応しています。

HTMLメルマガ作成・配信・効果測定に特化したシンプルプラン、ターゲット配信・ステップメールにも対応するプレミアムプランを用意。メール配信数に応じた月額プランはいつでも変更できるため、配信コストの最適化も実現できます。

初期費用

無料

月額費用(固定制)

シンプルプラン:4,400円〜、

プレミアムプラン:11,000円〜

(メール配信数に応じて変動、

いつでもプランの変更が可能)

メール配信数

プランに応じて変動

主な機能

一斉配信、HTMLエディタ、デコメ作成、

開封・クリックカウント・CVR・ヒートマップ、

API連携・ターゲット配信・ステップメール

(プレミアムのみ)など

Benchmark Email

Benchmark Email

画像引用:Benchmark Email

Benchmark Email」は、カリフォルニア州に本社を構えるBenchmark社が開発・提供するSaaS型メール配信システムです。
全世界に50万社以上のユーザー企業を持つなど、グローバルに活用されるメール配信システムであり、各国のユーザーが使いやすいように配慮されていることが特徴。メニューを含むアプリケーションはローカライズされており、日本語サポートも受けられるため安心して活用できます。

フォーム作成、リスト管理、一斉配信・ステップメール、リアルタイムレポートなど、有料プランならメールマーケティングに必要な機能をほぼ網羅。なによりも充実したHTMLエディタを使えることがポイント。レスポンシブ対応のテンプレートが500以上付属し、メールに埋め込む画像もエディタ内で編集可能です。登録ユーザー数を基準にしたリストプラン、メール配信数を基準にした配信数プランを選べます。

初期費用

無料

月額費用(固定制)

リストプラン:1.800円 / 登録500件(配信数無制限)〜、

配信数プラン:5,000円 / 1万通〜

メール配信数

リストプランは無制限、

配信数プランは配信数応じて費用が変動

主な機能

HTMLエディタ、リスト、フォーム作成、

ステップメール、効果測定、ランディングページ作成、

API / アプリ連携など

アララ メッセージ

アララ メッセージ

画像引用:アララ メッセージ

アララ メッセージ」は、東京都港区に本社を構えるクラウドベンダー、アララ株式会社が開発・提供する法人向けSaaS型メール配信システムです。
セグメント配信・ステップメール・効果測定・フォーム作成と、メールマーケティングに必要な機能が網羅され、誰でも簡単にHTMLメールを作成できるエディタも搭載。デコメ作成にも対応するのは国産メール配信システムならではです。

100種類以上のメルマガ用デザインテンプレートが用意されるHTMLエディタは、ドラッグ&ドロップで画像や要素を入れ替えるだけ。誰でも訴求力の高いメルマガを作成でき、手間を削減しながら効果の高いメール配信を実現できます。

また、トランザクションメール向けAPI、大規模配信向けAPIが用意されているため、基幹システムにメール配信機能を追加したいというニーズにもピッタリ。送信数に応じた価格のプランは、1か月から契約可能です。

初期費用

要問い合わせ

月額費用

要問い合わせ

メール配信数

プランに応じて変動

主な機能

HTMLエディタ、フォーム作成、

セグメント配信、ステップメール、

効果測定、API連携など

【無料】おすすめのメール配信システムを選んでもらう

外部システムとさせたい企業におすすめの3選

CRMなどの顧客データベースやMAツールなど、既存の自社システムとメール配信システムを連携させ、よりメールマーケティングを効率化させたい企業におすすめのシステムを紹介します。顧客のステータスが頻繁に変更される企業・店舗など、CSVデータ連携では不充分だというお悩みも解消できるでしょう。

※CRM:「顧客管理システム」のこと。顧客に関連する情報を一元的に管理・共有し、顧客獲得・業務効率化による生産性向上を企業の利益につなげるシステム。
※MAツール:「マーケティングオートメーション」ツールのこと。獲得した見込み顧客の育成を自動化するツール。

API連携やSFTP連携できるか、標準で搭載もしくはオプションで追加が必要かなども、確認しておきたいポイントです。

SendGrid

SendGrid

画像引用:SendGrid

SendGrid」は、世界17か国26のオフィスを展開するグローバル企業、twilio社が開発・提供するSaaS型メール配信システムです。
高いメール到達率、豊富なAPIが世界中で支持されており、メルカリ、Chatwork、CrowdWorksなど、8万アカウント以上が導入する豊富な実績を誇ります。世界中の通信インフラをAPIを使用して仮想化することに取り組む同社では、その思想がメール配信システムにも反映されています。

マーケティング機能も充実しているSendGridですが、SMTPリレーやWeb APIを活用したカスタマイズが簡単にできることが最大の特徴。Event Webhookを使えば、メールの配信状況、開封率・クリックカウントをリアルタイムに把握できます。コード / デザインの両方が用意されたHTMLエディタも搭載するため、レスポンシブ対応メルマガをいち早く作成することも可能です。

初期費用

無料

月額費用(固定制)

Essencial 40k:1,900円(4万通)、

100k:3,800円(10万通)、

Pro 100k:10,000円(10万通)、

300k:25,000円(30万通)、

メールキャンペーン機能:1,300円

メール配信数

プランに応じて変動

主な機能

HTMLエディタ、セグメント配信、

効果測定、A / Bテスト、SMTPリレー / API連携など

SPIRAL

SPIRAL

画像引用:SPIRAL

SPIRAL」は、東京都港区に本社を置くパイプドHDのグループ企業、株式会社パイプドビッツが開発・提供するSaaS型ローコード開発プラットフォームです。
Webサイト・アプリ、顧客対応・サポート、マーケティング・営業、人事・経理・総務向けのソリューションをプログラミングなしに開発できることが特徴。メール配信に特化したソリューションも用意されています。

セグメント・One2Oneメール(一人ひとりの顧客の属性やニーズに合わせて配信するメール)・ステップメール配信機能、HTMLメールエディタ、効果測定、フォーム作成、会員管理、SMS / LINE連携などの豊富な機能を搭載。また、CRM / MA / 基幹システムと自在に組み合わせできるAPI機能も利用可能。ニーズに応じて機能追加できるのは開発プラットフォームならではのアドバンテージです。

初期費用

アカウント発行費:10万円、

アプリケーション構築費用は別途見積もり

月額費用

5万円〜

(登録会員数に応じた定額従量課金制)

メール配信数

無制限

主な機能

HTMLエディタ、セグメント配信、

ステップメール、フォーム作成、

効果測定、会員管理、SMS / LINE連携、API連携など

MAIL PUBLISHER Smart Edition

MAIL PUBLISHER Smart Edition

画像引用:MAIL PUBLISHER Smart Edition

MAIL PUBLISHER Smart Edition」は、東京都千代田区に本社を構えるクラウドベンダー、エンバーポイント株式会社が開発・提供するSaaS型メール配信システムです。
毎時4,100万通という高性能なメールエンジンを搭載し、設計段階から「システム連携」を想定して開発されていることが特徴。同社のMAツール「Engage Cros」はもちろん、基幹システムやECサイトなどともスムーズに連携可能です。

API / SFTPどちらの連携方法にも対応するため、既存のMAツール・ECサイト・基幹システムと連携して、適切なターゲットを対象とするメールマーケティングを実行できます。また、性能に満足できない既存メール配信システムのみをMAIL PUBLISHERに置き換えることも可能。A/Bテスト、URL別効果測定など、単体のみでも効果測定できる豊富な機能を持つこともポイントです。

初期費用

要問い合わせ

月額費用

要問い合わせ

メール配信数

無制限

主な機能

HTMLエディタ、予約配信、

デコメ/絵文字対応、A/Bテスト、

URL別効果測定、クリック分析レポート、

傾向分析レポートなど

【無料】おすすめのメール配信システムを選んでもらう

メール配信システム比較まとめ

メール配信システムを導入するにあたって、おすすめのサービスを比較・検討したい、サービスを比較するポイントを知りたいという方に向け、本記事では、メール配信システムを比較・選定する際のポイントを解説するとともに、おすすめのメール配信システムをニーズ別に分類して比較紹介してきました。

本記事ではニーズ別に分類したうえで、おすすめのメール配信システムを比較紹介してきましたが、複数のニーズに対応できる多機能サービスも少なくありません。ある程度複数の候補に絞り込めたら、無料トライアルや無料プランを利用し、実際に試してみることがおすすめです。

※自社に合うメール配信システムの選び方がわからない、選ぶ時間がない、おすすめのツールを選んでほしい方はシステム幹事にお問い合わせください。予算や目的などをヒアリングした上で、御社に最適なメール配信システムを選定します。相談料・紹介料はいっさいかかりません。

コンサルタントのご紹介 システム幹事 コンサルタント 岩田真 岩田 専任のコンサルタントが、
お客様の予算と目的を丁寧にヒアリング。
最適な会社をピックアップ・ご紹介させていただきます!
初心者の方でも安心してご相談いただけます。

【無料】おすすめのメール配信システムを選んでもらう

Q. メール配信システムのおすすめは?

おすすめのメール配信システムとして「VPS-NEO」「ORANGE MAIL」等が挙げられます。それぞれの詳しい特徴は記事内で紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

Q. メール配信システムを選ぶ際のポイントは?

メール配信システムを選ぶ際のポイントとして「SaaS型かパッケージ型か」「初期費用・ランニングコストで比較する」等が挙げられます。詳しい選び方については記事をご覧ください。