無料で使える在庫管理システム11選|どのような企業・店舗におすすめ?活用の注意点は?【2024年6月最新版】

無料で使える在庫管理システム5選!どのような企業・店舗におすすめ?活用の注意点は?

・無料で使えるおすすめの在庫管理システムを知りたい
・お金をかけずに在庫管理業務を合理化したい
・無料在庫管理システムは有料版や自社開発となにが違う?
・どんな企業・店舗におすすめなのか?活用の注意点を知りたい

本記事をご覧になっている方なら、上記のことを知りたいのではないでしょうか?在庫管理業務をシステム化したい、しかしお金はかけたくないというニーズのある企業・店舗の方であれば、考えられる方法は大きく以下の2つ。

・無料の在庫管理システムを導入する
・ExcelやAccessで在庫管理する

そこで本記事では、無料で使える在庫管理システムを厳選して5つ紹介するとともに、どのような企業・店舗に無料在庫管理システムがおすすめなのかを解説!Excel / Accessや有料版との違い、適切な在庫管理システムを選定するポイントも紹介していきます。

※無料で使える在庫管理システムを探している方は、システム幹事にご相談ください。専任のアドバイザーが最適なツールをご紹介します。相談料などは一切かかりませんので、お気軽にお問い合わせください。

【無料】おすすめの無料の在庫管理システムを紹介してもらう

目次
  1. 1. 無料の在庫管理システムはどんな企業・店舗におすすめ?
    1. 1-1. 在庫規模の少ない企業・店舗
    2. 1-2. 在庫管理フローがシンプルな企業・店舗
  2. 2. 無料で使える在庫管理システム5選!
    1. 2-1. ZAICO
    2. 2-2. ロジクラ
    3. 2-3. Tana
    4. 2-4. SASO
    5. 2-5. Inventoria
  3. 3. 無料トライアルのある在庫管理システム6選!
    1. 3-1. GoQSystem
    2. 3-2. my logi
    3. 3-3. TEMPOSTAR
    4. 3-4. eeeCLOUD
    5. 3-5. NEXT ENGINE
    6. 3-6. Zoho Inventory
  4. 4. 無料で使える在庫管理システムの特徴・注意点・選び方
    1. 4-1. 導入形態はクラウド型・パッケージ型
    2. 4-2. 機能を拡張した有料版が用意されている
    3. 4-3. 自社に最適な在庫管理システムの選び方
  5. 5. Excel / Access在庫管理の特徴・注意点
    1. 5-1. 無料ツール・テンプレートが豊富
    2. 5-2. 小規模・シンプルな在庫管理に有効
    3. 5-3. 多人数・リアルタイム共有には不向き
    4. 5-4. カスタマイズにはVBAやデータベースの知識が必要
  6. 6. 有料版・自社開発の在庫管理システムを導入するメリット
  7. 7. 無料で使える在庫管理システムまとめ

無料の在庫管理システムはどんな企業・店舗におすすめ?

無料で使える在庫管理システムは、どのような企業・店舗におすすめできるのか?特徴や注意点を踏まえながら解説していきます。

在庫規模の少ない企業・店舗

登録数・出荷数・利用上の制限がありがちな無料在庫管理システムは、在庫規模の少ない、在庫の移動が多くない企業・店舗での活用に向いています。具体的には、管理する商材の種類が少なく、月商のそれほど大きくない小規模事業者で、在庫管理のみシステム化したいニーズがある場合などが当てはまるでしょう。

・在庫台帳などで管理している
・入庫・出庫記録にExcelを活用している

上記のような企業が、システム化によってどのくらい業務効率化を図れるのか、試験的に導入する際にも無料在庫管理システムは有効です。

在庫管理フローがシンプルな企業・店舗

・入庫から出庫までの在庫管理フローがシンプルな企業・店舗
・事業を始めたばかりで在庫管理業務自体が確立されていない企業・店舗

上記のような企業・店舗に無料在庫管理システムはおすすめです。無料の在庫管理システムであっても、なにが・どこに・いくつあるか?という基本的な機能を搭載しているため、シンプルな業務であれば問題が生じることはないでしょう。

ただし、月商がそれほど大きくなくても、商材の性質によっては管理すべき在庫種類が膨大になる可能性もあり、管理が複雑化する場合もあります。状況によっては、無料版の機能だけでは対応が難しくなることも考えられます。

ここまで読んで、上記に該当しない方は有料版の在庫管理システムの導入をお勧めします。下記の記事を参考いただくか、システム幹事にご相談ください。予算や目的をヒアリングし、自社に合う在庫管理システムを無料で紹介します。相談料・紹介料はかかりません。

【無料】おすすめの在庫管理システムを紹介してもらう

関連記事在庫管理システム比較11選|比較ポイントは「商品の特性」

無料で使える在庫管理システム5選!

ツール名

対応端末

データ

登録数

主な機能

ZAICO

PC / iOS / Android

200件

・在庫の写真登録

・簡易検索

・入出庫管理

・QRコードラベル印刷

・CSVインポート・エクスポート

・freeeとの連携

ロジクラ

PC / iOS

無制限 /

月50件

・商品・仕入先登録

・出荷先マスタ登録

・入荷・出荷管理

・在庫管理

Tana

iOS / Android

-

・バーコードスキャン

・入庫・出庫管理

・在庫管理

・棚卸

SASO

Linuxapache、PHP、MySQL

※動作環境

-

・商品管理・分類管理

・バーコー機能

・数量管理 

・棚番管理

・ラベル印刷

Inventoria

Windows XP / Vista /

 7 / 8 / 8.1 / 10 / 11/

Mac OS X 10.5以降

※動作環境

-

・バーコード機能

・入出庫・在庫管理

・CSVインポート・エクスポート

・品目管理

・各種報告書の作成

それでは無料で使えるおすすめの在庫管理システムを厳選して紹介しましょう。期間が限定されているトライアル版などではなく、無料で使い続けられるプランが用意されたサービスを選定しています。

ZAICO

ZAICO

画像引用 : ZAICO

「ZAICO」は、山形県米沢市に拠点を構える株式会社ZAICOが開発・提供する「誰でもカンタン!在庫管理をシンプルに」をコンセプトにしたクラウド型在庫管理システムです。
200件までの在庫登録、シンプルな簡易検索が可能な無料プランが用意され、PC / iOS / Android端末を活用した在庫管理を完全無料で使い続けられます。

在庫データのCSVエクスポート、freee(会計ソフト)との連携も可能なため、無料プランでもシンプルな在庫管理を実現可能。管理項目追加、スマートフォンでのバーコードスキャン、棚卸に対応する「エントリー」、発送指示、ピッキングリスト作成、送り状・納品書作成も可能な「シッピング」など、機能の拡張された有料プランもチョイスできます。

 

無料プランの機能

対応する端末

PC / iOS / Android

データ登録数

200件

主な機能

・在庫の写真登録

・簡易検索

・入出庫管理

・QRコードラベル印刷

・CSVインポート・エクスポート

・freeeとの連携

【無料】無料で使える在庫管理システムについて相談する

ロジクラ

ロジクラ

画像引用 : ロジクラ

「ロジクラ」は、東京都新宿区に拠点を構える株式会社ロジクラが開発・提供する、ECビジネスの効率化を主眼にしたクラウド型在庫管理システムです。
月50件までの出荷制限はあるものの、シンプルな入荷・出荷・在庫管理だけであれば初期費用・月額無料で永久に使い続けられる「Freeプラン」が用意されています。

オプション費用の追加なしでEC向け「XTORM」とのフルフィルメント(受注からアフターフォローまでの業務)連携が可能なのもポイント。棚卸機能のほかにShopifyなどのCMS / ショッピングカート連携、スマレジとのPOS連携に対応する有料プランも豊富に用意。いずれも初期費用無料で開始できることも魅力です。

 

無料プランの機能

対応する端末

PC / iOS

データ登録 / 出荷数

無制限 / 月50件

主な機能

・商品・仕入先・出荷先マスタ登録

・入荷・出荷・在庫管理(入荷・出荷履歴含む)

【無料】無料で使える在庫管理システムについて相談する

Tana

tana

画像引用 : 在庫管理 Tana

「Tana」は、東京都港区に拠点を構えるInstoll株式会社が開発・提供するクラウド型在庫管理アプリです。
数千種類もの実験資材を扱う大学の研究室でよくある、資材の欠品によって研究が中断されてしまう課題を解決するために誕生した在庫管理システムであることが特徴。
11種類ものバーコードに対応し、iPhone / Android端末のカメラでスキャンすることで簡単かつシンプルな在庫管理が可能です。

在庫の入出庫はもちろん、棚卸にも対応し、英語での操作が可能なのは大学の研究室から生まれたサービスならでは。1名のみで活用する場合は機能の制限なく無料で使い続けられるほか、1名月額220円でメンバーを追加することにより、チームでの在庫管理も実現できます。

 

無料プランの機能

対応する端末

iOS / Android

主な機能

・バーコードスキャンによる入庫・出庫・在庫管理

・棚卸

【無料】無料で使える在庫管理システムについて相談する

SASO

SASO

画像引用 : 在庫管理システム SASO

「SASO」は、カジュアル装束の通販事業を展開する日本標準機構が開発・提供する、オープンソースのパッケージ型在庫管理システムです。
自社サーバにデータベースを構築したうえでインストールする必要があるものの、機能制限なしに完全無料で使えるのがポイント。Web制作ツール「WordPress」の在庫管理版だと考えておけばわかりやすいでしょう。

なにが・どこに・いくつあるのか?という在庫管理の基本に特化した機能を持ち、アパレル業に有効な入れ子管理などにも対応しています。商品ラベルの印刷、バーコードリーダーを活用した棚番管理も可能。Twitter Bootstrapを活用したデザイン性の高いインターフェースも好評です。

動作環境

Linux、apache、PHP、MySQLもしくはPostgreSQL

クライアント環境

Webブラウザの動作するPC

主な機能

・商品管理・分類管理・バーコードによる数量管理 ・棚番管理・ラベル印刷

【無料】無料で使える在庫管理システムについて相談する

Inventoria

Inventoria

画像引用 : Inventoria在庫管理ソフト

「Inventoria」は、Mac / Windows向けアプリケーションを多数ラインナップするソフトウェア開発会社、NCHソフトウェアが開発・提供するパッケージ型在庫管理システムです。
Mac / Windows端末にインストールするデスクトップアプリのため、サーバを用意する必要がないことがポイント。

バーコードを使った入出庫・在庫管理、CSVインポート・エクスポート、充実した品目管理、各種報告書の作成などの豊富な機能を搭載しています。機能制限なく無料で使えますが、ビジネスで商用利用する場合は有償版が必要。複数人での共有・Webアクセスが可能なコーポレート版も用意されています。

動作環境

Windows XP / Vista / 7 / 8 / 8.1 / 10 / 11、Mac OS X 10.5以降

クライアント環境

同上

主な機能

・バーコードを使った入出庫・在庫管理

・CSVインポート・エクスポート

・品目管理

・各種報告書の作成

【無料】無料で使える在庫管理システムについて相談する

無料トライアルのある在庫管理システム6選!

ツール名

対応端末

データ

登録数

主な機能

GoQSystem PC 無制限 在庫管理、在庫更新
my logi PC

用途に応じて3プランあり

①Basicプラン

②Standardプラン

③Premiumプラン

・商品・仕入先・出荷先マスタ登録
・入荷・出荷・在庫管理

 (入荷・出荷履歴含む)

TEMPOSTAR PC

データ登録、出荷数ともに

上限はないが、

数に合わせて月額費用が変動

(詳細は公式サイトをご覧ください)

・商品情報・画像がセットで出来る

 一括・予約反映機能
・運用にあわせた注文・受注情報の

 自動仕分け機能
・複数倉庫と連携・在庫管理できる

 マルチロケーション機能など

eeeCLOUD

PC

制限なし 在庫管理
NEXT ENGINE

PC

スマホ

要問い合わせ ・モール間連携
・在庫管理
Zoho Inventory PC 要問い合わせ

・リアルタイム在庫管理

・倉庫管理

GoQSystem

GoQSystem

画像引用:GoQSystem

おすすめポイント ・複数のECモールや店舗を一元管理可能
・在庫の増減処理を自動化し、最新の在庫状況をリアルタイム連動
・各ECモールの商品データを一括で登録・更新可能

GoQSystemは、株式会社GoQSystemによって開発された在庫管理システムです。各モールやカートと連携し、通販業務を一括で行うことができるため、時間を節約し、売上アップに繋がります。

GoQSystemは楽天市場、Yahoo!ショッピング、au PAYマーケット、Amazonなどの複数のECモールに対応しています。「カスタムCSV店舗」機能を利用することで、非対応のモールやカート、自社サイトも一元管理が可能です。これにより、各モールで個別に作業する手間が省け、時間とコストの削減が期待できます。

また、全ECモールのショップ毎の在庫状況を一目で把握し、簡単に在庫管理することができます。ボタン一つで各ネットショップに在庫数を反映できる簡単なユーザーインターフェースと最短1分の在庫更新機能により、売り越しや在庫不足のリスクを軽減します。主要モールの完全API対応により、在庫管理の精度と効率がさらに向上します。

さらに、複数のECモールの商品データを一括で管理・更新できます。商品データの一括出品対応や、データ更新・価格変更などが簡単に行えるため、各モールごとに個別に作業する手間が省けます。また、日時を指定して商品を自動で一括出品することも可能で、セール時などの効果的な販売戦略の実行が容易になります。

対応する端末

PC

データ登録 / 出荷数

無制限

主な機能

在庫管理、在庫更新

【無料】無料で使える在庫管理システムについて相談する

my logi

mylogi

画像引用:my logi

おすすめポイント ・在庫情報を一画面で、一目で把握できる
・ECカートとの連携にて、出荷情報や注文情報などの自動情報取り込み可能
・受注管理も倉庫管理もmylogi上で完結できる

mylogiはアートトレーディング株式会社によって開発された在庫管理システムです。D2Cビジネスを支えるプラットフォームで、商品管理から受注、出荷、在庫管理、配送までワンストップで管理できます。

mylogiは、複数のECモールの在庫状況を一画面で把握でき、迅速な在庫管理が可能です。
リアルタイムで更新される在庫情報を視覚的に確認することで、売り越しや在庫不足を防ぎ、適切な在庫管理ができます。視覚的に優れたインターフェースにより、在庫の増減を簡単に確認できるので、効率的な在庫管理が実現できるでしょう。

また、Shopifyや楽天などのECカートと連携することにより、出荷情報や注文情報を自動で取り込むことができます。この自動情報取り込み機能により、手動でのデータ入力の手間を省き、効率的な業務運営が可能です。注文データはリアルタイムで更新されるため、常に最新の情報に基づいて迅速な出荷対応ができます。

さらに、mylogiは受注管理から倉庫管理までを一元管理できるシステムです。受注管理システム(OMS)と倉庫管理システム(WMS)の機能が統合されており、シームレスな業務フローが実現します。

これにより、受注から出荷までの全てのプロセスをmylogi上で完結でき、業務効率が大幅に向上します。また、バーコードによる管理機能も搭載されており、ミスのない確実な出荷作業が可能です。

mylogiを利用する際には、2023年8月29日から開始された『futureshop連携限定!mylogi3ヶ月無料トライアルキャンペーン』を活用することができます。

対応する端末

PC

データ登録 / 出荷数

用途に応じて3プランあり

①Basicプラン

・API連携:1サイトまで利用可

・出荷件数:300件まで

・倉庫数:2倉庫

・商品マスタ数:無制限

・従量課金:

  - 出荷件数100件まで無料

  - 出荷件数101件以降:¥30/件


②Standardプラン

・API連携:2サイトまで利用可

・出荷件数:1000件まで

・倉庫数:3倉庫

・商品マスタ数:無制限

・従量課金:

  - 出荷件数1000件まで無料

  - 出荷件数1001件以降:¥20/件


③Premiumプラン

・API連携:2サイト以上は応相談

・出荷件数:無制限

・倉庫数:無制限

・商品マスタ数:無制限

・従量課金:なし(ただし、標準版利用時に限る)

主な機能

・商品・仕入先・出荷先マスタ登録

・入荷・出荷・在庫管理(入荷・出荷履歴含む)

【無料】無料で使える在庫管理システムについて相談する

TEMPOSTAR

TEMPOSTAR

画像引用:TEMPOSTAR

おすすめポイント ・事業の成長に合わせたカスタマイズが可能
・操作の一貫性と集中化で、効率的に管理可能
・頻繁な仕様変更にも対応し、常に最新の状態を維持できる

TEMPOSTARはSAVAWAY株式会社によって開発された在庫管理システムです。TEMPOSTARを更新すれば、他の連携モールカートに反映されるという一元管理システムとして設計されています。

TEMPOSTARは、事業の成長に応じたカスタマイズ対応が可能な「ハイブリッドカスタマイズ」システムです。一般的なASPシステムでは、カスタマイズに対応できず、成長に伴う新たな要件を満たすためにシステムの乗り換えが必要になることが多いです。一方TEMPOSTARはその必要がないため、追加費用や時間を節約しながら、長期間にわたって利用することができます

また、ECモール管理・運営の中心に据えるために設計されており、操作の一貫性と集中化を実現しています。各モールやカートの特性を理解する必要がなく、一つのプラットフォームで全ての操作が完結します。
他のサービスの特殊な操作性に影響を受けることなく、一貫した操作が可能で、業務の効率化とミスの減少が期待できます。

さらに、基本機能に加え、個別要望で開発されたカスタマイズ機能も常に最新の状態で提供されるという特徴もあります。ECプラットフォームの頻繁な仕様変更にも標準対応しており、追加の開発や費用が発生しません。システムトラブル発生時には、問題の切り分けから連携処理までをトータルでサポートするため、安心して利用できます。これにより、業務が停止するリスクを抑え、安定した運営が可能です。

30日間の無料体験期間も用意されていますので、安心してご利用いただけます。

対応する端末

PC

データ登録 / 出荷数

データ登録、出荷数ともに上限はないが、数に合わせて月額費用が変動

(詳細は公式サイトをご覧ください)

主な機能

  • ・商品情報・画像がセットで出来る一括・予約反映機能
  • ・運用にあわせた注文・受注情報の自動仕分け機能
  • ・複数倉庫と連携・在庫管理できるマルチロケーション機能など

【無料】無料で使える在庫管理システムについて相談する

eeeCLOUD

eeeCLOUD

画像引用:eeeCLOUD

おすすめポイント ・初心者向きのシンプルな画面構成で、在庫数がひと目でわかる
・カスタマイズ性が高く、イメージ通りの在庫管理を実現しやすい
・データ登録数無制限で月額税込22,000円から利用可能

eeeCLOUDはテックポート株式会社によって開発された在庫管理システムです。インターネット環境さえあれば、手軽に導入が可能です。

また、ぱっと見てすぐ在庫数が分かる、アラート機能で在庫不足を見逃さないなど使いやすいシンプルな画面構成が特徴で初心者でもすぐに使いこなせます。

カスタマイズ性が高く、企業ごとの要件に合わせて機能を追加できるため、利用者のイメージ通りの在庫管理が可能です。さらに、データ収集用の携帯端末であるハンディターミナルでの利用も効果的で、リアルタイムの入力で在庫数のずれを防げます。

さらに、eeeCLOUDは、データ登録数無制限で月額税込22,000円から利用できるコストパフォーマンスの高い在庫管理システムです。安価なシステムにありがちなデータ数の制限がなく、キャンペーン参加で初期費用もゼロに抑えることができます。これにより、コストを抑えつつ、必要な機能を十分に活用できるため、多くの企業が安心して導入しています。無制限のデータ登録で、運営の規模に関わらず効果的な在庫管理を実現できます。

対応する端末

PC

タブレット・スマホからも可能だがみやすさの観点でPC推奨

データ登録 / 出荷数

制限なし

主な機能

在庫管理

【無料】無料で使える在庫管理システムについて相談する

NEXT ENGINE

NEXT ENGINE

画像引用:NEXT ENGINE

おすすめポイント ・様々なシステムとの連携が可能で、EC運営を効率化できる
・アプリによるカスタマイズが可能で、将来的なEC運営の変化にも対応可能
・単純作業を自動化する機能が多数搭載されている

NEXT ENGINEはNE株式会社によって開発された在庫管理システムです。
このシステムは、EC運営を効率化し、業務の自動化を実現することで、運営者の負担を大幅に軽減します。大量の受注処理や繁忙期の作業を自動化することで、事業開発やマーケティングなどのクリエイティブな業務に集中できる環境を提供します。

NEXT ENGINEは、ECモールやカート、倉庫管理システム(WMS)、決済サービス、POSシステムなど、多くのシステムと連携することができます。これにより、複数のシステム間でデータのやり取りがスムーズに行われ、EC運営の効率の向上が図れます。受注処理や在庫管理、出荷作業など、煩雑な業務を一元管理できるため、運営者の負担を軽減し、業務効率化を実現します。

また、アプリを利用してカスタマイズすることができ、将来的なEC運営の変化にも対応できます。自社の業務フローに合わせて必要な機能を追加・調整することで、最適な運営体制を構築できます。これにより、システムの変更や追加投資を行うことなく、長期間にわたって安心して利用することができます。アプリの利用により、売上に直結する業務に専念できる環境が整います。

さらに、単純作業を自動化するための機能が多数搭載されています。受注管理、在庫管理、商品登録、決済処理、送り状発行など、EC運営に必要なルーティン業務を自動化することで、運営者の手間を省きます。これにより、業務の効率が大幅に向上し、人為的なミスを減らすことができます。
自動化されたシステムにより、運営者はクリエイティブな業務に集中できます。

30日間の無料体験もあります。

対応する端末

PC、スマホ

データ登録 / 出荷数

要問い合わせ

主な機能

・モール間連携

・在庫管理

【無料】無料で使える在庫管理システムについて相談する

Zoho Inventory

Zoho Inventory

画像引用:Zoho Inventory

おすすめポイント ・Zoho独自のマーケティングツールや財務管理ツールと連携でき、顧客データから財務データまで一元管理可能
・クラウドベースの在庫管理なので、どこにいても在庫管理ができる
・受注管理や在庫調整などを自動化できる

Zoho Inventoryはゾーホージャパン株式会社によって開発された在庫管理システムです。
このシステムは、効率的なビジネス運用をサポートするために設計されています。

Zoho Inventoryは、Amazon、eBay、Etsy、Shopifyなどの主要なECプラットフォームと連携し、マルチチャネルでの在庫管理を実現します。これにより、各プラットフォームでの在庫状況を一元管理し、効率的な販売活動が可能です。運送業者のデータとも連携することで、リアルタイムで配送ステータスを確認でき、顧客への迅速な対応が可能になります。

顧客の氏名やメールアドレスの保存・管理や顧客情報を基にキャンペーンメールを送るといったことが可能なマーケティングツール「Zoho CRM」や、財務を管理し、自動化することで、チームで共同作業を行うことができるオンライン会計ソフトウェア「Zoho Books」と連携することで、財務データや顧客情報も一元管理できます。

また、クラウドベースで動作するため、インターネットに接続されていれば、どこからでも在庫管理が可能です。これにより、リモートワークや外出先からもリアルタイムで在庫状況を確認・管理することができます。さらに、複数のユーザーが同時にアクセスできるため、チーム全体での効率的な在庫管理が可能です。

Zoho Inventoryは、受注管理、在庫調整、出荷処理などの単純作業を自動化する機能も充実しています。これにより、運営者の手間を削減し、効率的な業務運営を実現します。また、モバイルアプリを利用すれば、場所や時間にとらわれず在庫管理が可能で、荷造りや出荷、配送の状況をリアルタイムで把握できます。自動化機能により、業務の効率化と人為的なミスの削減が可能です。

14日間の無料トライアルあり。

対応する端末

PC

データ登録 / 出荷数

要問い合わせ

主な機能

・リアルタイム在庫管理

・倉庫管理

【無料】無料で使える在庫管理システムについて相談する

無料で使える在庫管理システムの特徴・注意点・選び方

シンプルながらも基本的な業務に使える無料の在庫管理システムが、比較的多く存在することに驚いた方も多いのではないでしょうか?以下から、それぞれのサービスの特徴・注意点をまとめる形で簡単に解説していきます。

導入形態はクラウド型・パッケージ型

クラウド型・パッケージ型

本記事で紹介した無料で使える在庫管理システムは、以下の2種類に分類できます。

・アカウントを作成してメーカーのクラウドサーバにあるアプリを活用するクラウド型
・ソフトウェアをダウンロードして自社サーバにインストールするパッケージ型

クラウド型は自社サーバを用意する必要がない、システムを構築する手間が省けるなどのメリットがあります。
そのため、手軽に在庫管理システムを導入したいというニーズのある企業・店舗に最適

一方のパッケージ型は、自社サーバを用意してシステムを構築する必要があるものの、公共のネットワークから分離できるためセキュリティを担保しやすいメリットが。どちらかというと、クラウド型よりも機能が充実していることもパッケージを活用するメリットです。

機能を拡張した有料版が用意されている

クラウド型・パッケージ型を問わず、無料版では登録数・出荷数・利用上の制限がある、使える機能が限定されるなどがありがちです。しかし、本記事で紹介した在庫管理システムは機能制限を解除した有料版も用意されています。

たとえば、ZAICOの有料版は「在庫のバーコード管理」「倉庫管理」など、無料版では利用できない機能も利用可能。無料で機能制限なく使えるInventoriaは、有料ライセンスを購入することで商用利用、複数人での共有、Webアクセスなどを実現できます。

クラウド型で懸念されることの多いセキュリティに関しては、それほど心配する必要はありませんが、有料版だけに強固なセキュリティ対策を施しているサービスも。無料版を使ってみて足りない機能があるようなら、有料版にステップアップするというのもひとつの方法です。

※バーコードを活用した在庫管理についてより詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてください。

関連記事在庫管理システムでのバーコード活用は必須なのか?メリット・デメリットや活用場面・使い方を解説!

自社に最適な在庫管理システムの選び方

それでは、自社に最適な在庫管理システムはどう選べばいいのでしょうか?導入にかかるコストも重要ではありますが、なによりもビジネスを成長させていくために将来どうあるべきなのか?理想の姿を実現するためになにが課題になっているのか?自社業務を見つめ直すことが肝心。ポイントとなるのは以下の3点です。

・在庫管理システム導入の目的・ゴールを明確に
・在庫管理の業務フローを見直す
・システムに業務を合わせるか?業務にシステムを合わせるか?

それでも自社に合う在庫管理システムを選ぶのが難しい、プロに選んで欲しい方はシステム幹事にご相談ください。専任のアドバイザーが自社に最適なツールを無料で選定します。

【無料】自社に最適な在庫管理システムを選んでもらう

Excel / Access在庫管理の特徴・注意点

Excel / Access在庫管理の特徴・注意点

ここまでで、無料で使えるおすすめの在庫管理システムを、特徴や注意点とともに解説してきました。それを踏まえたうえで、お金をかけずに在庫管理するもうひとつの手法、Excel / Access活用にはどのような特徴や注意点があるのか?以下から簡単に解説していきましょう。

無料ツール・テンプレートが豊富

Excel / Accessは、日常的に活用するOffice製品であるため、ソフトウェアの導入費用を必要としないことが最大のメリット。自社内にIT部門を持たない企業であっても、インターネットで公開されている豊富なExcel / Access在庫管理ツール、テンプレートを無料で利用できます。

小規模・シンプルな在庫管理に有効

デスクトップPCだけで手軽に活用できるExcel / Accessは、小規模・シンプルな在庫管理業務の効率化に有効。これまで在庫台帳で管理していた、あるいはExcelを在庫台帳代わりにしていた企業・店舗であれば、無料のツール・テンプレートを活用することで業務効率化効果が期待できるでしょう。

多人数・リアルタイム共有には不向き

ただしExcel / Accessは、5名を超えるような多人数でのデータ共有・リアルタイムでのツール共有には向いていません。そもそもExcelは表計算ソフト、Accessは個人利用を目的にしたデスクトップデータベースアプリケーションだからです。

在庫管理システムの大前提となるデータ共有が考慮されていないExcel / Accessは、複数人での同時編集が困難なうえ、大規模かつ複雑な在庫管理データを共有するとファイルが壊れてしまう場合も。ビジネスの成長にともなって、Excel / Accessの活用に限界が生じてしまう場合がほとんどです。

カスタマイズにはVBAやデータベースの知識が必要

Excel / Accessは、豊富な無料ツールやテンプレートが利用できるメリットはありますが、自社業務フローに最適なツール・テンプレートがあるとは限りません。使い勝手を改善したい、自社向けにカスタマイズしたい場合は、VBA(プログラミング言語)の知識・スキルが必要です。

MySQLやPostgreSQLなどのDBMS(データベースマネジメントシステム)と組み合わせ、中規模在庫管理システムをExcel / Accessで構築する方法もあります。しかし、そのためにはデータベースの知識・スキルも欠かせません

ITリソースを持たない企業・店舗であれば、システム開発会社に依頼することで解決できるものの、お金をかけずに在庫管理するという目的からは外れてしまうでしょう。

【無料】無料で使える在庫管理システムについて相談する

有料版・自社開発の在庫管理システムを導入するメリット

在庫規模が大きくない、事業をはじめて間もない企業や店舗であれば、無料の在庫管理システム、あるいはExcel / Accessを活用した在庫管理が理にかなっているかもしれません。しかし、スタートさせたビジネスを大きく成長させていくためには、有料版の在庫管理システムの導入がおすすめ。無料版にはない下記のようなメリットが得られます。

・リアルタイムでの在庫把握・共有を実現
・精度の高い在庫管理を実現
・データ分析によるキャッシュフローの最適化
・業務標準化による効率化・生産性向上
・トータルコストの削減・利益拡大

自社開発の在庫管理システムを導入すれば、得られるメリットがより大きくなるだけでなく、既製品では得られない業務への最適化も実現できます。

※在庫管理システムの導入メリットについてより詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてください。

関連記事在庫管理システムの導入メリットを解説!デメリットを払拭するデータベースの仕組みとは?

【無料】無料で使える在庫管理システムについて相談する

無料で使える在庫管理システムまとめ

本記事では、無料で使える在庫管理システムを厳選して紹介。どのような企業・店舗に無料在庫管理システムがおすすめなのか、Excel / Accessや有料版との違いや、適切な在庫管理システムを選定するポイントも解説してきました。

在庫管理システムは、ビジネスの根幹となる重要な基幹システム。データベースをコアにしたアプリケーションといえる在庫管理システムは、ビジネスの形態に応じて販売管理・顧客管理・仕入管理・倉庫管理などと統合可能です。単なる在庫管理業務を合理化するシステムとしてではなく、ビジネス全体を見据えた視点で導入・構築することがおすすめです。

※本記事を読んだ上で、自分では最適な在庫管理システムが選べない、探す時間もない方はシステム幹事にご相談ください。予算や目的から最適なツールを選定させていただきます。相談料などは一切かかりません。

必ずツールを導入する必要はありません。システム開発の情報から最適なツール選びを無料でサポートします。お気軽にご相談ください。

コンサルタントのご紹介 システム幹事 コンサルタント 岩田真 岩田 専任のコンサルタントが、
お客様の予算と目的を丁寧にヒアリング。
最適な会社をピックアップ・ご紹介させていただきます!
初心者の方でも安心してご相談いただけます。

【無料】おすすめの在庫管理システムを紹介してもらう

Q. 無料で使える在庫管理システムのおすすめは?

おすすめの無料で使える在庫管理システムとして「ZAICO」「ロジクラ」等が挙げられます。それぞれの詳しい特徴は記事内で紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

Q. 在庫管理システムを選ぶ際のポイントは?

在庫管理システムを選ぶ際のポイントとして「導入する目的・ゴールを明確にしておく」「在庫管理の業務フローを見直す」等が挙げられます。詳しい選び方については記事をご覧ください。