シフト管理システム比較15選|機能や料金を事業規模別に紹介【2024年6月最新版】

シフト管理システム比較15選|機能や料金を事業規模別に紹介

業務効率化のためにシフト管理システムを導入したいと思っている企業担当者なら、こんな悩みをもっていることでしょう。

・シフト管理が大変なのでシステムに頼りたいけどどんなシステムや機能がある?
・今使っているシステムと連携できるものはある?
・シフト管理システムを使うメリットは?導入を決断するあと一押しがほしい

この記事では、シフト管理システムを導入するメリットや選び方、おすすめのシステムを紹介しています。導入の際の参考にしてみてください。

※シフト管理システムの導入を検討している方はシステム幹事にご相談ください。予算や目的から最適なツールや会社を選定させていただきます。相談料などは一切かかりません。

【無料】おすすめのシフト管理システムを紹介してもらう

目次
  1. 1. おすすめシフト管理システム15選
    1. 1-1. 格安で使えるシフト管理システム5選
    2. 1-2. 導入実績が豊富なシフト管理システム5選
    3. 1-3. 高機能なシフト管理システム5選
  2. 2. シフト管理システムを導入するメリット
    1. 2-1. 効率的にシフトを組めるようになる
    2. 2-2. スタッフ間での情報共有がしやすくなる
    3. 2-3. 最適なシフトを組める
    4. 2-4. 他システムと連携して企業・店舗運営をよりスムーズにできる
  3. 3. シフト管理システムを選ぶポイント
    1. 3-1. 自社の規模や人数にあっているか
    2. 3-2. 誰でも扱えるシステムか
    3. 3-3. 料金形態
    4. 3-4. 自社の勤務形態に対応しているか
    5. 3-5. 自社の他システムと連携が可能か
    6. 3-6. 勤怠管理も含んでいるか
  4. 4. 【まとめ】自社に合ったシフト管理システムを選ぶことが大切

おすすめシフト管理システム15選

シフト管理システムにはさまざまな事業規模や業種、業態に向けた種類があります。その中でも初めて導入する企業が使いやすいおすすめの管理システムを紹介します。自社で導入する際の参考にしてください。

格安で使えるシフト管理システム5選

システム名

特徴

おすすめの企業

CLOUZA

シンプルで直感的な操作が可能で、

高いセキュリティ機能を持っている

1~500名の中小企業

Airシフト

自動でシフト収集・一覧化ができる

飲食サービス・医療など

店舗型の企業

Sync Up

操作がシンプルかつ多機能。

帳票管理やヘルプ管理もスムーズに行える

飲食サービス・医療などの店舗型の企業

oplus

多機能かつカスタム開発が可能。

5000人規模のシステム管理の実績

中小から大企業までさまざまな業種に対応

ジョブカン

勤怠管理

対応している業種・事業規模が豊富で

高いシェア率を有している。

機能も豊富でカスタマイズも可能。

事業規模・業種を問わず利用可能

CLOUZA

CLOUZA

画像引用:CLOUZA

CLOUZAのおすすめポイント ・シンプルかつ直感的な操作が可能
・少人数でも割高にならないおトクな価格
・スマホ・PC・タブレットで使えるマルチデバイス

CLOUZAはアマノビジネスソリューションズ株式会社が提供しているシフト管理システムです。シフト管理としての基本的な機能の他に、位置情報の把握や休暇管理など、従業員の勤務状況を把握できる機能も有しています。

【ポイント1】シンプルかつ直感的な操作が可能

操作画面もシンプルで分かりやすく、初めて使うユーザーでも直感的な操作が可能です。そのため、機械操作に慣れていない社員がいても問題ないでしょう。

【ポイント2】少人数でも割高にならないおトクな価格

初期費用が無料で、基本料金のない完全従量課金制なので、コストを抑えて導入することが可能です。課金制が人数に左右されないのもCLOUZAのポイントの一つ。従来の管理システムは利用人数が少ないと割高な値段が設定されていることも多いですが、CLOUZAは少人数でも利用金額が安く設定されています。
そのためベンチャー企業や中小企業のスモールスタートにも活用できます。

【ポイント3】スマホ・PC・タブレットで使えるマルチデバイス

入力デバイスはスマホ・PC・タブレットで使えるマルチデバイスなので、社外での営業からの直帰や出張中の社員でも出退勤登録、シフトの確認ができます。

提供会社

アマノビジネスソリューションズ株式会社

機能

シフト作成

シフト管理

スマホ操作

集計機能

勤怠管理

アラート機能

他ソフトとの連携

・弥生

・freee

・MoneyForwardなど

利用人数

1~500名

(500名以上は相談)

無料トライアル

30日間

利用料金

初期費用・サポート費用0円

200円/月(1人につき)

サポート体制

電話 平日

(9:00~12:00/13:00~17:00)

Airシフト

Airシフト

画像引用:Airシフト

Airシフトのおすすめポイント ・従業員のシフト希望の収集とシフト表への反映を自動で行ってくれる
・シフト関連で多彩なアラート機能が揃っている
・LINEやSNSを使わずにシフトの共有ができる

Airシフトはリクルートが提供しているサービスです。シフトの収集や調整などの基本的な機能、従業員同士のコミュニケーション機能や勤怠管理機能など、シフト管理に必要な機能を一通り揃えています。無料トライアルの期間も2カ月と長めなので、自社の業務にあっているかをじっくり検討した上で導入することが可能です。

【ポイント1】従業員のシフト希望の収集とシフト表への反映を自動で行ってくれる

Airシフトは従業員からのシフトの収集を自動で行ってくれます。
シフトの作成時期になると、自動で従業員にシフトを提出するように連絡が行き、シフトの提出を促します。 その後は従業員からのシフト希望の収集とシフト表への反映を自動で行ってくれるので、シフト作成が非常に楽になります。
シフト作成の作成にいつも3時間かかっていたのが、システムを導入してからは30分にまで凝縮できたという事例も紹介されています。

【ポイント2】シフト関連で多彩なアラート機能が揃っている

未対応申請への自動アラートやリマインドなど、シフト関連のアラート機能は色々な用途に応じて多彩な種類があるため、申請漏れや未記入などのミスも発生しにくくなります。
シフトの申請日を通達しなくても期限になればアラートで知らせてくれるので、シフトの作成や申請のスケジューリングで気を揉む必要がありません。

【ポイント3】LINEやSNSを使わずにシフトの共有ができる

シフトが確定すれば、スタッフ用のアプリ「シフトボード」を通じてスタッフに共有されるので、スタッフが入るたびにSNSやLINEのグループをやりとりするといった手間もかかりません。

提供会社

株式会社リクルート

機能

シフト作成

シフトの共有

スマホ操作

×(非推奨)

集計機能

勤怠管理

アラート機能

他ソフトとの連携


・シフトボード

無料トライアル

2カ月間

利用料金

110円/月(1人につき)

問い合わせ

電話 平日

(平日10:00〜19:00)

メール

Sync Up

Sync Up

画像引用:Sync Up

Airシフトのおすすめポイント ・無料プランが2カ月間あり、その間にすべての機能が活用できる
・スタッフへの評価や感謝を表せる「メダル機能」を実装

Sync Upはパーソルイノベーション株式会社が提供しているシフト管理アプリです。シンプルな画面と操作機能により、操作研修がなくてもアプリを使うことができます。

【ポイント1】無料プランが2カ月間あり、その間にすべての機能が活用できる

無料プランが2カ月と長い中で、すべての機能を利用できるのが大きな特徴です。実際に現場でアプリのすべての機能を使いながら、使い勝手や業務との相性を試すことができます。ヘルプのお願いやシフト提出のリマインドなどのコミュニケーション機能や、店舗ごとのシフトデータを分析する機能もあるので、シフト管理の機能を一挙に担うことが可能です。

【ポイント2】スタッフへの評価や感謝を表せる「メダル機能」を実装

Sync Upには「メダル機能」というユニークな機能があります。これはスタッフへの評価や頑張りを、メダルとして贈呈することができ、スタッフに対して感謝や評価を伝えやすくなっています。スタッフのモチベーションアップにもつながるでしょう。

提供会社

パーソルイノベーション株式会社

機能

シフト作成

シフトの共有

スマホ操作

集計機能

勤怠管理

×

アラート機能

他ソフトとの連携


各種勤怠システムと連携が可能

無料トライアル

2カ月間

利用料金

有料プラン

3,000円/月(1店舗につき)

サポート体制

電話 平日

(平日10:00〜19:00)

oplus

oplus

画像引用:oplus

oplusのおすすめポイント ・シフト作成のための機能が豊富
・業務に合わせて柔軟なカスタム開発ができる
・業務連絡や調整連絡などの共有を一元管理できる

oplusはOplus株式会社が提供しているシフト管理ツールです。初期費用・月額利用料が無料から始められるスタンダードプランが用意されています。有料のプランの場合でも1ユーザーにつき100円から利用できるなど、料金がかなり格安です。

【ポイント1】シフト作成のための機能が豊富

opulusはシフト作成のための機能が豊富です。スタッフから提出されたシフトが管理画面に自動転記されるほか、必要人数や割り当てスタッフを設定するだけで、シフトを自動で作成する機能もあります。シフト表の作成にかかっていた時間と工数を一気に削減可能です。
そのほかにも、スタッフが勝手にシフトを変更や削除ができないようにロックする機能、日・週・月ごとにシフトを管理する機能など、管理者にとってシフト管理がしやすい機能を持っています。

【ポイント2】業務に合わせて柔軟なカスタム開発ができる

自社の業務や要望に合わせたカスタマイズができます。追加機能の開発もできるので、より細かいニーズにも対応ができます。過去には国営プロジェクトでの数千人規模でのカスタム開発や採用計画のコンサルまで行っていたことがあり、発注のオーダーに合わせた柔軟な開発が可能です。

【ポイント3】業務連絡や調整連絡などの共有を一元管理できる

業務連絡や調整連絡などの共有を一元管理できる

画像引用:oplus_メッセージ機能

掲示板機能はLINEのグループのようにメッセージを個別に送れます。業務連絡やシフトのヘルプ要請など、仕事に関する共有情報をメールやLINEと切り分けてすることが可能です。社内情報の漏洩リスクや、プライベートと仕事用の連絡手段を完全に分けたいときにもおすすめです。

提供会社

Oplus株式会社

機能

シフト作成

シフトの共有

スマホ操作

集計機能

勤怠管理

アラート機能

他ソフトとの連携

勤怠管理との連携が可能

利用人数

無制限

(無料プランは100名まで)

導入実績

10,000社以上

無料トライアル

なし

(無料プランあり)

利用料金

スタンダードプラン (無料)

Proプラン(100円/1ユーザー)

Pro+プラン(200円/1ユーザー)

サポート体制

問い合わせページから相談

ジョブカン勤怠管理

ジョブカン勤怠管理

画像引用:ジョブカン勤怠管理

ジョブカン勤怠管理のおすすめポイント ・シフト管理の機能が豊富
・事業規模・業種を問わず対応が可能
・厳重なセキュリティと手厚いサポート体制

ジョブカン勤怠管理は株式会社Donutsが提供しているバックオフィスの支援システムです。バックオフィスとしての高い機能を備えていて、高いシェア率を有しています。操作も簡単でマルチデバイスに対応しているので、導入のハードルの低さも魅力です。

【ポイント1】シフト管理の機能が豊富

ジョブカン勤怠管理には以下のシフト管理機能があります。
・LINE シフト確認
・人員の過不足判定
・シフト自動作成機能
・パターンでシフト作成
・予実管理
そのほかにも多くの機能があり、シフトの作成と管理を手助けしてくれます。

【ポイント2】事業規模・業種を問わず対応が可能

外部で連携できるツールが多く、ジョブカン自身も豊富な機能を備えています。その結果、業種や事業規模にかかわらず多彩な実績を持っています。英語を始めとした外国語表示もできるため、海外に支社を持つグローバルな企業でも活用できます。

【ポイント3】厳重なセキュリティと手厚いサポート体制

ジョブカンは「ISO 27001」というセキュリティの国際基準をクリアしています。ログイン制限やインフラの常時監視など多彩なセキュリティ機能が備わっているため、安心して利用可能です。
サポートもメール・電話・チャットで対応していて、問題が起こったときに対処できる体制が整っています。

提供会社

株式会社Donuts

機能

シフト作成

シフトの共有

スマホ操作

集計機能

勤怠管理

アラート機能

他ソフトとの連携


・LINE

・Slack

・Zoom

など多数

利用人数

制限なし

導入実績

12万社以上

無料トライアル

30日間

利用料金

■1ユーザーあたり


無料プラン/0円

プラン1/200円(月額)

プラン2/300円(月額)

プラン3/400円(月額)

プラン4/500円(月額)

サポート体制

メールサポート

電話サポート

平日9:00〜12:00、13:00〜17:00

チャットサポート

平日9:00〜12:00、13:00〜17:00

【無料】シフト管理システムの導入について相談する

導入実績が豊富なシフト管理システム5選

システム名

特徴

おすすめの企業

らくしふ

継続率99.4%の実績。

シフト関連の作業をLINEで完結できる

中小から大企業まで

さまざまな業種に対応

Touch On Time

サービス継続率99.7%と高く、

さまざまな勤務形態や業種に対応

業種・勤務形態が

多様な企業

スマレジ・タイムカード

バックオフィス業務を全般的に行える。

プロジェクト管理や

マイナンバー管理も可能

ユニークな機能、

細かい管理も行いたい企業

勤務シフト作成

お助けマン

JRが提供する独自性が高いシステム。

セキュリティやコンプライアンス遵守

に強い

飲食業・小売業・サービス業など

店舗型の企業

jinjer勤怠

オプション料金がかからずに

色々な機能を使える。サポートも手厚い

中小から大企業まで

さまざまな業種に対応

らくしふ

らくしふ

画像引用:らくしふ

らくしふのおすすめポイント ・99.4%の高い継続率
・スマホを使ってLINEから手軽に操作ができる
・データの可視化と分析により適切な人員配置が可能になる

らくしふは株式会社クロスビットが提供しているシフト管理システムです。導入実績も高くサポートも充実していて、初めてシフト管理システムを導入する企業にもおすすめできます。

【ポイント1】99.4%の高い継続率

12,000以上の事業所で導入され、99.4%のサービス継続率を誇っています。シフトの自動回収機能や人件費を最適にできるモデルシフト機能などできることが非常に多く、管理者側の作業が楽になることが要因と言えそうです。

【ポイント2】スマホを使ってLINEから手軽に操作ができる

らくしふはLINEで操作を完結できる使いやすさがポイントです。シフトの登録と管理、シフト提出の開始の連絡や未提出者への催促などもすべてLINEで行うことができます。普段からLINEを使い慣れた人なら簡単に操作できます

【ポイント3】データの可視化と分析により適切な人員配置が可能になる

売上や勤怠データと連携してデータ分析を行い、人員の数や人件費は適していたかどうか、人件費率や予実管理はうまくできているかといったデータを得ることができます。その結果、最適な人員配置ができるようになるのも、らくしふの継続率の高さにつながっている秘訣です。

提供会社

株式会社クロスビット

機能

シフト作成

シフトの共有

スマホ操作

集計機能

勤怠管理

×

(他システムとの連携可能)

アラート機能

他ソフトとの連携


・LINE

・Timee

・KINGOFTIMEなど

導入実績

12,000以上の事業所

無料トライアル

14日間

利用料金

Webページから問い合わせ

サポート体制

チャットサポート

10:00~22:00(年中無休)

Touch On Time

Touch On Time

画像引用:Touch On Time

Touch On Timeのおすすめポイント ・導入・運用のトータルコストが格安
・さまざまな勤務形態・就業規則に対応できる
・無料で手厚いサポートを何度も受けられる

Touch On Timeは株式会社デジジャパンが提供している勤怠管理システムです。導入企業数37,000社以上、利用者数225万人、サービス継続率99.7%の導入実績・満足度ともに高いシステムとなっています。

【ポイント1】導入・運用のトータルコストが格安

初期設定費用0円、追加オプションなしですべての機能が利用できるなど、他のシステムと比べても導入・運用にかかるトータルコストをかなり安く抑えることができます。

【ポイント2】さまざまな勤務形態・就業規則に対応できる

定時勤務はもちろん、シフト制やフレックスタイム制、そのほかのさまざまな就業ルールに対応可能です。
変則的な労働制の企業にも多く採用されているので、ノウハウもそろっています。働き方関連法案にも対応した勤怠・シフト管理を行えます。

【ポイント3】無料で手厚いサポートを何度も受けられる

導入設定から運用までをしっかりとサポートしてくれます。しかもサポート料金は無料です。
そのためシフト管理システムの導入が初めてで、詳しい担当者がいない場合でもスムーズに導入できます。

提供会社

株式会社デジジャパン

機能

シフト作成

シフトの共有

スマホ操作

集計機能

勤怠管理

アラート機能

他ソフトとの連携


・MoneyForward

・freee

・SmartHRなど

導入実績

37,000社以上

無料トライアル

30日間

利用料金

初期導入費用0円

月額 300円/1人あたり

サポート体制

導入・運用サポート

電話/オンラインヘルプ

スマレジ・タイムカード

スマレジ・タイムカード

画像引用:スマレジ・タイムカード

スマレジ・タイムカードのおすすめポイント ・バランスがとれたシフトの作成が簡単
・バックオフィス業務をトータル的に行える
・アラートのカスタマイズができる

スマレジ・タイムカードは株式会社スマレジが提供しているクラウド勤怠サービスです。笑顔認証による出退勤登録などのユニークな機能やマイナンバー管理などの業務に必要なバックオフィスの優秀な機能がそろっています。登録店舗数も10万を超えていて、実績もあるバックエンド全般をサポートしてくれるシステムです。

【ポイント1】バランスがとれたシフトの作成が簡単

従業員からシフト希望日を自動で収集したり、勤務パターンからシフトをワンタッチで作成したりと非常に簡単にシフト作成が行えます。

また同社が開発したクラウドPOSレジシステム「スマレジ」と連携することで売上・来店数とシフトを連携させ、バランスのとれたシフトを作成することも可能です。日別、出勤・退勤時間、勤務時間でシフトの確認・共有ができるので、一目でシフトを確認することができます。

【ポイント2】バックオフィス業務をトータル的に行える

シフト管理以外にも勤怠管理、給与計算、日報管理など、多様なバックオフィス業務をこなすことが可能です。
プロジェクト管理やマイナンバー管理など、他のシフト管理システムにはない機能もあって、従業員の勤務状況や各店舗の人員の状況なども細かく管理を行えます。

【ポイント3】アラートのカスタマイズができる

時間外労働などをシステムが自動で監視・警告を行います。会社ごとに規定を作成し、従業員ごとに通知の設定を変えたり、上限値や警告値の設定が可能です。勤怠管理による人為的ミスを未然に防ぎます。

提供会社

株式会社スマレジ

機能

シフト作成

シフトの共有

スマホ操作

集計機能

勤怠管理

アラート機能

他ソフトとの連携


・MoneyForward

・freee

・弥生給与など

人数制限

無料の場合30名まで

導入実績

シリーズ累計10万社導入

無料トライアル

60日間

利用料金

スタンダード/30名まで無料 

以降は1人につき110円(税込)


プレミアム/10名まで2200円 

以降は1人につき330円(税込)


プレミアムプラス/10名まで4400円 

以降は1人につき440円


エンタープライズ10名まで6600円 

以降は1人につき660円((税込)

サポート体制

・メールサポート/10:00〜18:00(平日)

・チャットサポート/11:00〜17:00(平日)

・電話(プレミアム以上)

勤務シフト作成 お助けマン

勤務シフト作成 お助けマン

画像引用:勤務シフト作成 お助けマン

勤務シフト作成 お助けマンのおすすめポイント ・JRシステムが提供する安心安全のセキュリティ
・勤務条件を細かく設定できる
・2つのシフト作成ツールから選べる

勤務シフト作成 お助けマンはJR鉄道の情報システムを運営するJRシステムが2020年に発表したシフト表の作成・管理を行うサービスです。独自システムによる高い操作性やセキュリティを備えていて、安心して利用することができます。

【ポイント1】JRが提供する安心安全のセキュリティ

JRの鉄道情報の運営を担当する会社として1986年に設立された鉄道情報システム株式会社が提供しているサービスになります。
グローバルIPアドレス以外での利用制限や、作成されたデータをJRシステムで保管するといったように機密保持制が高く、安全性が高いのが特徴です。

【ポイント2】勤務条件を細かく設定できる

スタッフが提出したシフトの希望以外にも労働時間に休憩時間、時間ごとの必要スタッフの設定、契約情報、勤務禁止時間帯など細かく勤務条件を設定した上で、シフトを自動作成してくれます。

【ポイント3】2つのシフト作成ツールから選べる

「勤務シフト作成お助けマンDay」と「勤務シフト作成お助けマンTime」の2つのサービスが提供されていて、作成方法に合わせて柔軟にシフトを組むことが可能です。

「勤務シフト作成お助けマンDay」は早番や遅番、夜勤などのシフト記号を割り当てて作成、「勤務シフト作成お助けマンTime」は時間を割り当てたシフト作成が可能です。

提供会社

鉄道情報システム株式会社

機能

シフト作成

シフトの共有

スマホ操作

集計機能

×

勤怠管理

×

アラート機能

×

他ソフトとの連携


(担当者に確認)

無料トライアル

2カ月間

利用料金

初期費用:200,000円

<1カ所当たりの利用料金>(税別)


・月額

1~50名 15,000円

 51名以上は別途見積もり


・年額

1~50名 150,000円

 51名以上は別途見積もり

サポート体制

電話、メール、専用問い合わせフォーム、チャット、Web会議システム

jinjer

jinjer

画像引用:jinjer勤怠

jinjer勤怠のおすすめポイント ・月額費用が割安
・希望シフトの収集や反映がスムーズ
・必要なプロダクトごとに導入できる

jinjer勤怠はjinjer株式会社が提供しているクラウドサービスの一つです。契約継続率も99.4%と高く、15,000社もの豊富な実績も持ち合わせています。サポートが手厚いのが特徴で、サポート満足度91.6%、導入した会社にはサポートの良さを挙げている企業もあります。

【ポイント1】月額費用が割安

jinjer勤怠の月額費用は1ユーザー当たり400円です。数字だけ見るとそうでもないと感じるかもしれませんが、他のシステムならオプションとして別料金を支払わなければならないような機能でも、400円の基本料金で利用できるのが大きな特徴です。

【ポイント2】希望シフトの収集や反映がスムーズ

特定の従業員を対象にシフトの提出依頼を送ることができます。スマホやPCからシフトの提出をすることも可能です。管理者は全従業員の希望シフトを可視化できるので、どの日・どの時間帯に人が足りないかを一目で把握できます。
シフトの作成は複数パターンの作成が可能で、職種や働き方に合わせた柔軟な対応も可能です。

【ポイント3】必要なプロダクトごとに導入できる

ジンジャーでは勤怠以外にも人事管理や経費精算、労務管理や雇用契約などのプロダクトごとの従量課金制になっているため、必要な機能を最低限の金額で利用することが可能です。使い方次第では運用費用をかなり安く抑えられます。

提供会社

jinjer株式会社

機能

シフト作成

シフトの共有

スマホ操作

集計機能

勤怠管理

アラート機能

他ソフトとの連携

(既存ソフトとの連携可能)

利用人数

10~10,000名まで

導入実績

15,000社以上

無料トライアル

あり

利用料金

月額400円/1ユーザー


その他プロダクトごとに

従量課金制

サポート体制

無料プラン

メール、チャット

(10:00~18:00)

有料プラン

電話やオンライン打ち合わせなど

【無料】シフト管理システムの導入について相談する

高機能なシフト管理システム5選

システム名

特徴

おすすめの企業

Optamo

AIを用いて精度の高いシフト表が作成できる。

担当者のスキルに左右されない

飲食業・小売業・サービス業など

店舗型の企業

GMOシフト

マネージャー

マイナンバー情報を活用して

安全にシフトの管理や調整ができる

飲食業・小売業・サービス業など

店舗型の企業

RAMANAS

AIによるシフトの作成機能。

導入から運用まで手厚いサポートが受けられる

中小から大企業まで

さまざまな業種に対応

病院向けシステムもあり

ID Station

指静脈を使用した生体認証での出退勤登録が可能。

スタンドアロンのシステムもあり

飲食業・小売業・サービス業など

店舗型の企業

Fooding

Journal

シフト管理の他に原価管理や販売管理などを

一元化して行える

飲食店舗向け

Optamo

Optamo

画像引用:Optamo

Optamoのおすすめポイント ・AIが自動でシフトを作成
・担当者のスキルにかかわらず精密なシフトを作成できる
・業務・管理方法の違いによる2つのソリューションを用意

Optamoは株式会社モーションが提供しているシフト並びタスクの管理表作成ツールです。統計解析の技術を用いて、AIによって効率のよいシフトを作ることができます。
小売・飲食・製造やコールセンターなどさまざまな現場で導入されていて、シフト作成の担当者の負担軽減、人件費の効率化などに役立っています。

【ポイント1】AIが自動でシフトを作成

Optamoの最大の特徴は、AIによってシフトを自動で生成してくれるという点です。通常の自動作成ツールでは、希望勤務時間は考慮できても、スタッフのスキルや店舗の状況などの複雑な要素が絡み、精度の高いシフト表を作成することが難しいことも多くあります。
しかし、Optamoは統計学の分析技術を用いたAIの導入によって、スキルマッチングも考慮した上で精度の高いシフトを作成することができます。

【ポイント2】担当者のスキルにかかわらず精密なシフトを作成できる

従来、シフト表の作成は従業員の能力や営業時間帯ごとの売り上げまで把握した人間でなければ務まらず、そのため店舗運営の責任者やマネージャーといった他の業務を多く抱えている人材が担当しなければならないという課題を抱えていました。

しかし、Optamoの場合はAIが自動でシフトを作成してくれるため、シフトを作成する担当者が上記のような能力を持っていなくても問題ありません。そのため、店長やマネージャークラスの業務負荷を大きく下げることが可能となっています。

【ポイント3】業務・管理方法の違いによる2つのソリューションを用意

時間ごとのシフト表を作成する「Optamo for Shift」だけでなく、1日のタスク割り当てをAIにより最適化する「Optamo for Task」というソリューションも用意されています。
勤務時間だけでなく、どのタスクから手を付ければ良いかの判断もAIが行ってくれるので、タスクマネジメントの工数を下げることが可能です。

提供会社

株式会社モーション

機能

シフト作成

シフトの共有

スマホ操作

集計機能

勤怠管理

アラート機能

他ソフトとの連携

KINGOFTIME

ジョブカン

Jinjer

など

利用人数

無制限

無料トライアル

あり

利用料金

応相談

サポート体制

メールと電話(有人対応:平日9:00-17:00)

GMOシフトマネージャー

GMOシフトマネージャー

画像引用:GMOシフトマネージャー

GMOシフトマネージャーのおすすめポイント ・マイナンバー制度に対応してセキュリティリスクを防ぐ
・グループチャットとシフト管理画面が連動している
・退職者情報などの廃棄漏れの心配も不要

GMOシフトマネージャーはGMOコマース株式会社が提供しているシフト管理システムです。従業員はダウンロードしたアプリからシフトの提出・確認が簡単に行えます。提出されたシフトも管理画面上に反映されるので、入力作業の手間が必要ありません。とくにGMOシフトマネージャーはマイナンバーも管理できる特徴があります。

【ポイント1】マイナンバー制度に対応してセキュリティリスクを防ぐ

GMOシフトマネージャーはマイナンバーを使って、従業員を管理することができます。マイナンバーを用いて個々人のシフトを管理したり、給与計算ソフトと連携させることが可能です。
マイナンバーと連携するため、第三者による不正アクセスを防ぐとともに、従業員の情報をセキュアに管理することができます。

【ポイント2】グループチャットとシフト管理画面が連動している

店舗や持ち場ごとにグループチャットを作成することができます。急な欠勤や情報共有、シフトの申請はグループチャットを通じて行うことが可能です。従業員に個別にメッセージを送ることもできるので、プライベートに配慮しながらスタッフ間で連携を取ることができます。

【ポイント3】退職者情報などの廃棄漏れの心配も不要

退職者のマイナンバーなどの情報は、保管期限を過ぎると自動で廃棄処分されます。そのため情報が漏洩したり不要な情報がデータベースに蓄積されるといったミスも防げます。

提供会社

GMOコマース株式会社

機能

シフト作成

シフトの共有

スマホ操作

集計機能

勤怠管理

×

アラート機能

×

他ソフトとの連携

(既存ソフトとの連携可能)

利用人数

無制限

無料トライアル

フリープランあり

利用料金

初期設定料

20,000円


ライトプラン

月額1,500円/1名につき


スタンダードプラン

月額3,000円~/1名につき

(利用人数によって変動)


フリープラン

月額0円

RAMANAS

RAMANAS

画像引用:RAMANAS

RAMANASのおすすめポイント ・AIによってシフトを自動作成できる
・導入から運用まで充実したサポート
・多様な勤務条件にも対応できる

RAMANASはシステムバンク株式会社が提供しているシフト管理システムです。AIを用いて自動的にシフトを作成することができます。AIが作成するため、シフト担当者が誰であっても精度の高いシフト表を作成できるので、担当者の工数を大幅に下げることができます。

全国で1,800ライセンスの導入実績もあり、信頼と実績のあるシフト管理システムです。

【ポイント1】AIによってシフトを自動作成できる

25年以上進化しているAIのアルゴリズムにより、「各勤務の人数確保」「業務を考慮したチーム構成」「スキルや相性を考慮した職員の組み合わせ」を考慮した上で理想的なシフトが作成されます。労働環境の改善にもつながるため、離職率の低下や従業員のモチベーション向上にもつながります。

【ポイント2】導入から運用まで充実したサポート

導入前の勤務条件と動作確認に始まり、システムのセットアップと操作の研修、導入後は訪問によるサポートを3カ月目まで受けられます。3カ月目以降もリモートサポートが受けられるのでシステム上で何か問題が起こっても安心して対応ができます。

【ポイント3】多様な勤務条件にも対応できる

これまで導入によって蓄積された実績をもとに、スタッフの希望だけでなくグループごとの条件や休日、夜勤、勤務パターン、さらにはスキルや相性との組み合わせといった多様な勤務条件にも対応可能です。スタッフのスキルを最大限に引き出すシフトを作成できます。

提供会社

システムバンク株式会社

機能

シフト作成

シフトの共有

スマホ操作

×

集計機能

勤怠管理

×

アラート機能

×

導入実績

180以上の施設と団体

無料トライアル

無料リモートデモを実施中

利用料金

初期導入パック

308,000円~

(登録人数20名以下の場合)


ライセンス・運用サポート

月々11,000円

サポート体制

訪問、リモートサポートあり

ID Station

ID Station

画像引用:ID Station

ID Stationのおすすめポイント ・シフトの作成から集計までクリックで操作が可能
・管理者の閲覧権限をカスタマイズ
・管理画面の機能が充実している

ID Stationは株式会社南州ソフトウェアが提供している勤怠管理システムです。指静脈認証が導入されているのが最大の特徴となります。簡易版のライトと一つの拠点で使用するスタンドアロン版があり、業種や勤務形態から最適なプランを選ぶことができます。

【ポイント1】シフトの作成から集計までクリックで操作が可能

シフトの作成から管理、データの集計までの工程をPCから簡単に操作できます。大きな文字とアイコンはシンプルでわかりやすく、ヒューマンエラーが発生しにくい仕組みです。
シフト管理機能は部署や従業員1人1人ごとに適用できるため、あらゆる業種や業務形態に対応することができます。

【ポイント2】管理者の閲覧権限をカスタマイズ

管理者が複数人いる場合、管理者それぞれが閲覧・利用できる機能とできない機能を詳細に分類することができます。
どの管理者がどんな操作をしたのか、責任の所在を明確にすることが可能です。

【ポイント3】管理画面の機能が充実している

管理画面からは従業員や退職者のデータの他に、シフトの設定と作成、月報や月間勤務予定表、期間ごとのレポートを作成できます。 データはCSV形式で出力が可能です。

提供会社

株式会社南州ソフトウェア

機能

シフト作成

シフトの共有

スマホ操作

×

集計機能

勤怠管理

アラート機能

×

他ソフトとの連携

(既存ソフトとの連携可能)

利用料金

応相談

サポート体制

メール

Fooding Journal

Fooding Journal

画像引用:Fooding Journal

Fooding Journalのおすすめポイント ・飲食業に必要な販売管理や原価管理も行える
・24時間365日対応のサポート
・AIを利用したデータ連係

Fooding Journalは株式会社プロスが提供している飲食店向けのオンライン管理サービスです。シフト機能以外にも飲食業に必要なさまざまな機能が備わっています。飲食業で必要なデータを一元管理できるので、飲食店にシステムを導入しようと思っている人におすすめです。

【ポイント1】飲食業に必要な販売管理や原価管理も行える

飲食業では、従業員の勤怠管理のほかに、食材の管理や売上管理も必要です。そのほかにも発注処理や伝票の入出力、棚卸し、廃棄管理も必要になります。
Fooding Journalでは、そうした飲食業において必要となる管理項目を揃えています。Fooding Journalのみで飲食業のデータ管理が可能です。

【ポイント2】24時間365日対応のサポート

Fooding Journalでは24時間365日のサポートを受け付けています。飲食業界では、夜間や休祝日にも経営しているお店が多くありますが、システムの運営会社は夜間や休祝日は休みの場合が多く、対応が遅れてしまうこともあるでしょう。
Fooding Journalでは、年中無休のサポートのため、一般企業が休みのタイミングで何かトラブルが起こっても迅速に対処できます。

【ポイント3】AIを利用したデータ連係

AIの画像認識機能を使って、発注表や棚卸表の数字を画像から読み取ることが可能です。これによって、手打ちでデータベースに入力する手間がかかりません。

提供会社

株式会社プロス

機能

シフト作成

シフトの共有

スマホ操作

集計機能

勤怠管理

アラート機能

他ソフトとの連携

(FOODS Info Martとの連携可能)

利用料金

要相談

サポート体制

24時間365日対応のサポート

【無料】シフト管理システムの導入について相談する

シフト管理システムを導入するメリット

シフト管理システムを導入するメリット

2019年以降、働き方改革に伴う労働安全衛生法の改正によって、企業は労働時間をこれまで以上に正確に把握することが求められています。

しかし昨今では副業の推奨やテレワークの推進などの社会的背景によって様々な働き方をする従業員が増えているのが現状です。出退勤時にタイムカードを切るだけの昔ながらのやり方では、従業員のシフトを管理することが困難になっています。

シフト管理システムの導入には以下に紹介するメリットがあり、上記に挙げた問題を解決することができるかもしれません。導入するかどうかを検討しているのなら、まずはメリットを把握するところから始めてみてください。

効率的にシフトを組めるようになる

効率的にシフトを組めるようになる

画像引用:「CLOUZA」機能紹介ページより

シフト管理システムには、以下のような機能が標準装備されています。

・シフトを自動作成、あるいはサポートする機能
・シフトを管理する機能
・従業員のシフト提出を促す機能
・シフトの変更に対応する機能

シフト管理システムに実装された機能を使うことで、これまで担当者がシフトの作成と管理にかけていた時間を効率化することができます。

スタッフ間での情報共有がしやすくなる

シフト管理システムの中には、シフトが決定した際や、シフト入りの時間前に通知を送信する機能を持つものもあります。こうした機能を活用することで、スタッフ間での情報共有が格段にしやすくなるでしょう。

シフト管理をペーパー式で行っている場合、シフト表をわざわざプリントしたり、あるいはPDFで出力し、従業員1人1人にメールで送付するといった手間がかかります。

しかし、シフト管理システムを使えば、シフトの情報はオンラインで確認できるようになりますし、誰がどの現場で作業しているのか、休憩しているのかといった把握も容易になります。

スタッフ同士でも、仕事のフォローや引き継ぎがしやすくなるといったメリットが生まれます。

最適なシフトを組める

飲食店や宿泊施設では、時間帯や季節によって来客数が大きく異なり、導入する人員の数も忙しさに応じて最適化しなければなりません。経験の浅い担当者がシフトを作成した場合、忙しさに対して従業員が足りておらず、店舗運営に支障をきたすといった失敗もよく起こります。

シフト管理機能を使うことで、 勤務状況や売上を加味し、必要な人員の数を最適化してシフトを組めるようになります。

最適な人数・人材を配置できるようになれば余分な人件費はかかりません

他システムと連携して企業・店舗運営をよりスムーズにできる

シフト管理システムは、他のシステムと連携することでシフト管理以外の業務もスムーズにできます。例えば、勤怠管理システムと連携して、出退勤の打刻時間を管理したり、給与管理システムと連携して、シフト時間から給与を計算することも可能です。

店舗のデータベースと連携して、給与計算などを自動で行えるようになります。どの店舗で人員が足りていないか、時間帯ごとの売上状況などが明確になるため、採用や経営戦略の判断材料にすることもできます。

【無料】シフト管理システムの導入について相談する

シフト管理システムを選ぶポイント

シフト管理システムを選ぶポイント

自社の規模や人数にあっているか

シフト管理システムの中には、人数や事業規模に応じた複数のプランが設定されているシステムや、そもそも利用人数に上限のあるシステムもあります。欲しい機能や料金が割安だったとしても、事業規模や人数が合わない場合、システムの利用が難しいので最初に選択肢から除外しましょう。

また、将来的な事業規模に着目することが重要です。事業が大きくなった際にシステムの利用人数を超えてしまった場合、別のシステムを導入しなければならなくなります。そうならないために、将来的にも利用し続けられるかどうかもシステム選定の際には検討しましょう。

誰でも扱えるシステムか

従業員によってITスキルは大きく異なります。多機能のシステムはできることが多い反面、操作が複雑になりがちです。複雑な操作のシステムを選ぶと、 デジタルに弱い社員はシステムを扱うことが難しくなります。操作ミスの発生確率も上がるでしょう。

そうならないために、システムの扱いやすさについても検討する必要があります。操作する上でストレスを感じないか、画面の見方や操作がわかりやすいかも重要な指標です。

料金形態

料金形態についてもあらかじめ確認しましょう。シフト管理システムには、店舗数に応じた課金、利用人数に応じた課金、追加するオプション機能に応じた課金など、さまざまな料金形態があります。料金形態が想定と異なっていて、予測していたよりもコストが膨らむことも珍しくはありません。毎月または毎年、トータルでどのくらいの費用がかかるのか試算した後、その負担に納得の上で導入を申し込むことが大切です。

自社の勤務形態に対応しているか

基本勤務制、フレックス制、シフト勤務など、勤務形態は業界・業種によってさまざまです。とくに勤怠管理システムと一体型のシステムを選ぶ場合、業務形態に対応しているかにも注目しましょう。複数の店舗を管理していてそれぞれに勤務形態が異なる場合などは、より柔軟な管理が求められます。

自社の他システムと連携が可能か

勤怠管理システムや給与管理システムなどをすでに導入している場合、それらの既存システムと新たに導入するシフト管理システムが連携できるかどうかも検討する必要があります。
連携ができない場合、勤怠や給与のデータとシフトを別のデータとして管理しなければならなくなり、データが一元化できなくなります。ヒューマンエラーや非同期などのミスの温床になりかねないため、導入する際は既存システムと連携できるかどうかも考慮しましょう。

勤怠管理も含んでいるか

シフト管理システムには、シフトの管理や作成だけを行うものと、出退勤や休暇管理などの勤怠システムと一体型のものがあります。
勤怠管理システムと一体型の方が利便性は高い一方で、料金が高くなる傾向にあります。すでに自社で勤怠管理ができている場合は、シフトの作成・管理のみのシステムでも十分に機能するでしょう。勤怠管理も含んだシステムを選ぶかどうかも、シフト管理システムを選ぶ上での指標の一つになるはずです。

【無料】シフト管理システムの導入について相談する

【まとめ】自社に合ったシフト管理システムを選ぶことが大切

勤怠管理や売上分析ができるもの、AIがシフトを自動作成してくれるものなど、シフト管理システムにはさまざまな種類があります。

導入する際には、費用や対応する事業規模、機能をしっかりと理解した上で検討しましょう。現在の事業規模だけではなく、将来的に必要となる事業規模や勤務形態にも対応できているかもポイントです。

コンサルタントのご紹介 システム幹事 コンサルタント 岩田真 岩田 専任のコンサルタントが、
お客様の予算と目的を丁寧にヒアリング。
最適な会社をピックアップ・ご紹介させていただきます!
初心者の方でも安心してご相談いただけます。

システム選びに不安がある方は、シフト管理システムの選定や導入支援までをフォローする外部協力会社に依頼することも検討してみましょう。まずはシステム幹事にご相談ください。
予算や目的から最適なツールや会社をご紹介します。相談料などは一切かかりません。


【無料】自社に最適なシフト管理システムを紹介してもらう

Q. シフト管理システムのおすすめは?

おすすめのシフト管理システムとして「CLOUZA」「Airシフト」等が挙げられます。それぞれの詳しい特徴は記事内で紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

Q. シフト管理システムを選ぶ際のポイントは?

シフト管理システムを選ぶ際のポイントとして「自社の規模や人数に見合っているか」「誰でも扱いやすいシステムか」等が挙げられます。詳しい選び方については記事をご覧ください。